これが温暖化の恐怖と結末なのか。私に限っては毎年の夏は常に汗をかいているので何とも言えないが、体調を崩す方と亡くなる方が多すぎる。コンビニに行ってもミネラルウオーターの在庫がほぼ無い時もある。異常だ。アスファルトとコンクリートの増加がこういった結末を招いているという結論もあるが・・・・・ビルやマンションの屋上に緑などの植栽を植えなければならい程度の条例では解決できそうにないですね。

昨日は依頼を受けている佐倉市の一戸建てのご案内をさせて頂いたあとに無事にお申し込みを頂いて、有意義な土曜日となった。それからジムに行って筋トレ(かなり真面目にいってます)、暑い中だったが母親の眠る墓掃除に出向いた。

約一か月ぶりに訪問したけれども、霊園内に居るのは私だけ。酷暑と言われる中で草取りはフラフラだったがやっぱり気持ちいですね。今年は梅雨明けが早かったせいか、草があまり伸びていない。

たっぷりと水をかけてあげて、植木にもこれでもかと水をあげた。ようやくこの8月で会社の七期目も終わり、いよいよ大事な8期目に入る。この8期目にはやりたいことがたくさんある。

ここまでは本当に大変だった。会社の設立当初は満足に給与はもらえなかったし、支援先も少なかった。
一緒に仕事をしていて信頼していた人間にも裏切られたことだってある。本気でこいつを殺そうと夜中に自宅の前までいったことだってある笑。

それでもそれは私にとっての試練だと全てを飲み込んだ。 なんてったって才能ある人間には苦悩がつきものです。笑 相手に裏切られたり傷つけられたりしたときは、相手のことを紙やすりだと思えばいい。

紙やすりでこすられたら痛いですよね?でもこっちはピカピカになる、相手は使い物にならなくなる。


この原理です。ここまで考えるには時間がかかったけれども、この原理が実際に起こりえることであり現実なのだと実感した時からこういった考え方が私に備わった。

偽物は相手にしない。 偽物は相手にしない経営をしてから運もついたし金運もついた。何より信頼のできるビジネスパートナーと仲間が増えた。 これだけで幸せです。

ここまでは簡単ではなかったけど、この先も簡単ではないでしょう。一つはこの会社を日本一有名な事業再生会社にするための手段の構築と実行、そして結果を出すこと。

一生消えない記憶はたくさんあります。会社設立の時はお金が無くて宅建免許すらなかった。支援先の社長さんに笑われた時もあるし、不動産業者に失笑されたこともある。悔しさですね。

悔しさはどういう方向にも対処できます。その場で言い返すこともできるし、睨みつけることもできる。
脅迫することだって笑。

俺はしない。クソのような人間を相手にしないのだ。すべては信念です。信念で自分を成長させ、信念で迫力をつける、最後は実力で相手を倒す。これでいい。

その場その場で罵倒してくる人間は自信がなくて恐怖が溜まりすぎて、言葉で相手を潰すしかないのだ。

私は先に行きたい、いや行く。 

暑い夏ですが涼しい風が吹く秋の収穫祭に向けて今は我慢です、私は毎日が我慢です。あなと一緒です。

勝ちましょう!


代表取締役 野呂一哉

 ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

本当の事業再生を目指す。夏の陣酷暑の夕方に読む

 

暑いです。夏ですから。笑。風鈴の音色すら今年はいらない。熱波が心地よい。

 

私の事業再生の支援先が今は神田小川町、小田原、館山、静岡の清水市、横浜と海老名市に1社ずつ任されている。

 

車での移動が殆どだが、ステアリングを握る両手にあたるエアコンの風が妙に生暖かいなと思っていたら、ガス漏れで冷却が鈍っていた。

 

新車を買おうが迷うとこだが、我慢。

車は治しながら乗るのが面白いんだと20歳頃に整備工の父親に教わった。笑

もうちょっと付き合おう。その通りだと思う。

 

予定を急変更で、茨城の当社支援先の車屋さんへ預けに行きました。

壊れるから愛車は可愛い。

 

熱中症対策で公立小中高にエアコン設置を検討ですと。羨ましい!

昔は熱中症で倒れる人なんていなかったけどな。

 

という事でスポ根理論丸出しの事業再生会社社長です。

 

本当の事業再生をやりたい。ごまかしきかない、悪党は相手にしない、橋折らないやつ。笑

 

 

本当に再生できるやつ。どこもかしこも経営は今のところ厳しい。この夏、どれだけの企業が秋を迎えられるか。

 

 

ごまかしと失敗が許されない事業、それが私がやっている中小企業再生、任意売却事業です。

 

だから、支援する会社の社長さんの人格を見ます。

 

何かに挑戦したら

確実に報われるのであれば、

誰でも必ず挑戦するだろう。

 

報われないかもしれないところで、

同じ情熱、気力、モチベーションをもって

継続しているのは非常に大変なことであり、

私は、それこそが

才能だと思っている。

 

 

いつだって忘れない、陰と陽の使い方。にほいとズレは男の魅力。

色気ある男になるためには、慈悲である事。

 

私は必ず実現して、日本一の事業再生会社の社長になる!

 

暑いから若干、辛口です。

 

代表取締役 野呂一哉

おはようございます。

  

さて、昨日は当社支援先で唯一、私が経理業務を担当させて頂いている会社さんのリスケ条件変更の承認がおりました。全部で5つの銀行と付き合いのあるこの支援先。4月からひとつひとつ丁寧にやりとげて、最後の金融機関から承認をえることができました。

 

新規面談のご予約が非常に顕著だ。ようやく資金繰りの厳しい社長さんたちが動いてきている実感が沸く。

 

資金繰りが間に合わないと、電話越しに訴える方が多いのは事実だ。ただ、考え方を変えていただきたい。資金繰りは間に合う、間に合わないではない。

 

間に合う資金繰りをしている会社さんは、既にもう危ない。資金繰りは事前に予測を立てることが肝心であること。そして、中小企業の資金繰りで一番ぶれてはいけないのが、払うか払わないかだ。

 

間に合わせている時点でそれはもう資金繰りとは言わない。久しぶりにヒト、モノ、カネの話をしよう。

 

会社の経営に必要不可欠となるヒト、モノ、カネ。どれも大事だ。今日からこの3つのうち、どれか一つしか選択できないとなったら、あなたはどれを選ぶ?カネやモノと答えたあなたは社長さんには向いていない。その会社はとっとと畳んだほうがいい。

 

そう、大事なのはマンパワーだ。人が全てであり、人を大事にしない人間はそのうち滅びるのだ。

 

しかし、会社の資金繰りで大事なのはカネ、モノ、ヒトの順序となる。矛盾しているか?いや、矛盾はしていない。この順序は資金繰りを整えて再生する際に一時的に支払いを止める、もしくは減額する際の順序だ。

 

カネは銀行や税金、モノは買掛先(取引先)、ヒトは社長さんを含めた従業員さん、個人外注さんだ。

 

この順序で資金繰りを組みなす際に必要なのは、たったひとつ、度胸だ。怖いなんて言ってたら会社は無くなる。いや、亡くなる。

 

もちろん、返済しないとか納税しないことを推奨するコンサルタント会社ではない。あくまでも一時的に資金繰りを組み直すためのスキームであるのだ。

 

合法的に組み直して、当社の支援先の社長さんや奥様、従業員さんは一生懸命に仕事をされている。当社がコンサルで入って倒産した会社はない。

 

今日はこのへんで。

 

代表取締役 野呂一哉

 ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
resize.jpg


凡人はひとのせいにする。幼いころから祖母に教えられてきた。

四流は顔に出る。30歳を迎えてようやくこの言葉の意味がわかった気がする。これも祖母に教えられてきたことだ。

四流ほど汚い野心が顔に出るの意味である。そして四流ほど相手が気づいていないと過信するという。


今、40歳になって祖母の言葉の偉大さを痛感する。俺は顔に出ていないかと。



中小企業にはお金が回っていない。景気のせいにするのはもうやめた方がいいという結論だとも思う。

景気が悪いなら、知恵を絞る。そうじゃないとこの先はちょっと厳しいかもしれない。


景気が悪い、政治が悪い、会社が悪い、上司が悪い・・・・誰だって人のせいにしたがる。でも、そうさせているのは自分のなのだと気づく人が今の日本にどれだけいるだろうか?

私は景気という言葉が大嫌いだ。 所詮、金の回り方などを一度も心配したことのない人たちが作っている市場の一つの指標に過ぎないから。

こんな世の中でも、稼いでいる人は稼いでいる現実。 これだから日本って恐ろしい。


バブル期以降の高値を記録したのなら、今度は下がってくると思うと考えている甘ちゃん投資家が続々と増えているらしい。これだから一部の人間がさらに儲かる笑 本当の話。


勝つ奴、負ける奴、それぞれが均等にいる。


それでも勝つ奴はこのタイミングを見計らって動き出して勝っている。だから今から動こうとする人は、負けるのだ。

一仕事を終えた勝ち組の使用済みの机と椅子で、実現しない夢を語るのだ。




 

代表取締役 野呂一哉



ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 おはようございます、茹だるような暑さと熱波、蝉時雨も昼間より夕方の方が大きい笑、昼間は暑すぎて泣くに泣けず夕方が本来の日本の暑さだと訴えているようにも思える。

今日は東京都庁へ当社の宅建免許の更新手続きに行ってまいります。会社はこの8月で7期目が終わりいよいよ8年目を迎える。上を目指したいと思う気持ちで精いっぱい走ってまいりました。

宅建免許は会社設立の時はお金が無くて3年目でようやく取得できたことを思い出します。当社は中小企業の事業再生会社ですので、コテコテの不動産業ではなく顧客の所有する不動産の対応のために宅建免許を取得しております。

俗に言う任意売却が主流で、返済できない時点で銀行から不動産処理の対応を求められますからそのための免許です。時には通常売却をして資金調達を図る時もあるし、社長さんの自宅のリースバックを実施するときもある。

それでもこの5年間で140件近い契約件数を叩け出したので、免許を取得して有効に対応できたと考える。

涙と怒りと悔しさと喜びに満ちた5年間でした。最初は宅建免許が無いから信用していた不動産会社の社長さんに売却をお願いしていたけれども、人間は金を前にすると豹変する。 こちらも仕方ないから薄汚い要求に答えるしかなかった。

純情が情熱に変わる時、人間は恐ろしい力を発揮するなと感じた5年間。

この5年間で変わったことは、相当に根性付いたこと笑


不動産仲介は経験5年で一人前と言われてますが、中小企業再生と任意売却は8年でやっと一人前でしょうか。
あと一年で当社もやっと一人前。

まだまだやりたい事業がたくさんあります。お金が全てではないが、私も球団が欲しいとカミングアウトしてみたいものだ。

この5年間、数多くの不動産取引をさせて頂いた。その時その時の当社の支援先である皆様には感謝です。そして私に不動産仲介の基礎を教えてくださった先輩たちにも感謝です。

9月から8年目を迎えます。ようやく石の上に立てそうです。

もうだめだと本気で実行に移してしまおうと考えた時が数多くありました。そんな時に平常心で今まで通りの努力をすることを実行して次に繋げたいという思いでやってきております。

ようやく芽がでたと実感しております。

 おはようございます。今日は久々に不動産の話。

相変わらず住宅ローンを対象とした任意売却業者さんのネット広告の多さには頭が下がる。少ない分母を全国の任意売却業者さんで取り合っている状況だ。
その中でも面白いのは不動産の査定額をどこよりも高く出しますよと言う広告です。

これに釣られて皆さん問い合わせするのか笑、なるほど面白い商売している。

A社の査定額2,900万円、B社3,100万円、当社3,250万円という見出しを大々的に出して当社はどこよりもだ査定額が高いことをアピールする。何も知らない不動産オーナーさんは当然に当社さんへ問い合わせするわけだ。

しかしながらこれには裏があり、当社さんは3,250万円で売却を始めてくれるがこれは相場の3割増しくらいの高値なのでこの金額では買主は現れない。

しかしながら担当営業マンは、こうなる結果は百も承知!ひどいと高い時には広告すらやらないし市場公開もしない笑

高いから広告の決済が所長さんから降りないとかね

だから諦めさせて、金額を落とさなきゃいけないなと売主に刷り込ませる。恐ろしいですね不動産屋って


結局はA社さんが査定した金額まで公開価格を下げて、当社さんは手数料を頂ける笑。こんなやり方する業者たくさんいます、はい。

あくまでも査定であって買取価格ではないことに注意してもらいたいです。当社さんが3,250万円で買取するのなら結構ですが、そんな夢のような話はないのでご用心。

あとは、最近では不動産業者も各種不動産団体から監視されている状況です。悪意を持って市場公開しないことは極力難しくなっており、基本的には市場公開することが原則。

つまり不動産の売却はどこの不動産業者に出しても同じだということ。担当のスキルの違いはありますが、大手に依頼しようと商店街の不動産業者に依頼しようと、そのエリア内で汗水たらして動いている不動産担当者の目に必ず触れるような仕組みとなっております。

可能であればアセットアシスト野呂へご依頼を笑


今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 西日本の皆様には、我慢するしかありませんという言葉しか見つかりません。不眠不休でやっているのでしょうけれどもライフラインの復旧だけは急いでもらいたい。

いよいよ高校野球の県予選が始まり、今年は母校が一回戦負けとなった。私は野球部じゃないけれど笑。県予選が始まると夏が始まると体時計が一気に夏モードになるものだが梅雨明けが早かったせいか、いまごろ高校野球かと体が言っている。

それにしても暑い、水分補給が間に合わない。とんでもない気温だ。

昨日は当社の宅建免許の更新のための書類作成を一日かけて作成した。業界の方しかわからないかと思いますが不動産会社の宅建免許は5年ごとに更新します。

例えば東京都知事(1)第95881号が今の当社の免許番号、更新すると東京都知事(2)第95881号になります。括弧の中の数字が2になるだけですが、この2が大事。 信頼の2!笑 言いすぎかな、それでも作り立ての会社じゃないことだけはわかってもらえる。

融資を出す金融機関からの信頼も違うと聞きます。感無量です、非常にうれしく、自分たちのやっていたことがまた一つ細やかながら認められます。

法人専用の不動産サイトも来週にオープン予定。ご期待ください。

さて、当社の支援先の方々でも金があればこうしたい!ああしたい!と理想だけを打ち立てる方が多いのも事実です。金額はざっくばらんで3000万とか一億とか笑

でもそれってあまりにも春待ち症候群であり、現実味がないのです。バイクであればカスタムパーツを作って日本全国に売却したいとか、綺麗な店舗で写真を撮りたいなど。 夢を持つのは結構、ただそれだけでは経営者とは言わないし、間違いなく実現不可でしょう。

金があったら~~~~~なになに!では何も実現しないのだとまずは理解すること。あといくらあればこれができると考える。例えば頭の中にある新規事業を始めるには24,987,555円必要でそのうち15,000,000円は用意できると。

それを自分で書面で作成できれば、尚更いいと思います。

金が無い奴ほど理想と綺麗ごとを話します。話して終わりです、そのままでは。

実現するために金が必要不可欠ですが、頭の中の設計図を書面で起こす、手書きで結構。そして何より大事なのは金を得る前にできることは何か?考えて少なからず行動すること。

行動しない人ほど金だけに憧れる現実。明日あなたにお金が降ってきてもそれでは遊んで全てを使い果たすでしょう。


代表取締役 野呂一哉



ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 
 おはようございます。やはり熱くなると苦しくなりますね、外に出るのも嫌だが最近はジムに通って本格的に汗を流しているせいか汗が心地よく感じる。

同年代の男連中と酒を酌み交わすと仕事の話より糖尿の話を始めるやつが多くなった笑、いいおっさんだ。

当社の支援先については、ここへきて業種問わず売り上げダウンとなっている企業が目立つ。当社との付き合いとなり、最悪の売上高を記録している企業もある。何か本当に日本経済の一番裏にいるモンスターがいよいよ動き出した感がある。

業種問わずここまで低迷するわのは私も初めてだ。消費税の増税を来年に控えて本来であれば更に損益重視の売上アップを見込みたいところなのだが・・・・さて。

ここのところは私のサイトへ問い合わせしてきて下さる方が多いのだが、どうしても新規面談で吐き出せない方が多い。

吐き出せない人というのは、金払うんだから再生しろよ!みたいな態度の方が多くお話していてこっちのやる気さえも削ぐような態度の方が多いこと。

経理担当者を一緒に連れてきて、面談が始まったかと思えば社長さんが経理担当者を叱責する例もある。ここぞとばかりに私はそういった社長さんを叱責する笑。じゃないと企業再生ってできませんからね。

ひどいのは夫婦喧嘩を始める同族経営の方々・・・・・・悲

一つ一つの新規面談はおおよそ3時間程度、私は時間をかけます。それでも足りないくらいですが、これ以上やるとお互いに集中力がもたないので。その3時間で私が見破るのは、社長さんの人格です。 どんなに中堅どころといわれる企業であっても私は社長さんの人格で支援するかどうかを決定します。

高額のコンサルタント料を取れる可能性のある企業さんでも、私は断るときは断ります。よそにいってもらえますか?と。

そういった社長さんの会社は再生できずに終わることが殆どであり、支援契約をして悪知恵を利用する仲間にされるだけであり、結局私に怒鳴られて終了することになるからだ。

悪知恵を働かす社長さんの秘書にはなりませんよという話です。


人格を変えることは容易でないけど、変えようとしないといつまでたってもそのままです。人格が運命を変え、変わった運命が宿命を呼ぶ。

私はその通り祖母に教わり、今生きている。
代表取締役 野呂一哉



ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!

経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank

bana2.gif

バナーFACE.jpg

ja_follow_me-a.png


弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

任意売却事業再生ブログ:従業員50人未満の社長さんのための事業再生バイブル


「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、㈱アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。


 

この数年間で不動産投資で買いすぎた社長さんからの悲鳴にも聞こえるSOSが顕著だ。やはり今回の不動産バブルでも被害者が続出している。

誰だって大家になれる!などと安っぽい本に騙されて皆買う。ローンが出るからほぼほぼフルレバレッジで購入する。

あっという間に一棟マンションの大家になれる、しかしながらTV取材されているサラリーマン投資家の顔は笑っていない笑。

そう、どこにでもあるようなアパートやマンションを買って、もしくは新築しても儲からないのだと3件目を購入した際に初めてわかる。 夢であってほしいと。 不動産投資は自己資金80%から始めましょうね。笑


さて、長年付き合っている不動産投資家との新年会で聞いたお話です。 株価は年末までには3万円を超えるという。ほんまかいや。

しかしながら不動産に関しては在庫が膨れ上がって、総合的に価格が下がるとの見解も。

2018年は銀行も大不況の始まりだと唱えるアナリストもいる。

だからこそ、資金潤沢に買い占めるチャンスだと思う人は5万といるが、物件に巡り合える人はスズメの涙程度だから世の中面白い。



もう駄目だと感じるとき、それは人間として最強の恐怖である。資金繰りが厳しくて夜逃げした某振袖屋さんも同じ心境だろう。しかしながら、成人式前日の夜逃げは見事だった。根性あるが根性の使い場所が違う。


もう駄目だと感じだ時は以下の10か条を思い出してください。



1.支払うより支払わない方法を考える (逃げるための術ではない)

2.今月支払わなかったらモノを必ず一覧にまとめて、翌月には支払える順に電話を入れる。
この電話は必ず社長が行う

3.ヒト、モノ、カネの順に支払うこと。翌月の月中の運転資金を確保して月初繰り越しをする

4.支払えなかったら、を考えるより、何回に分けて支払えるかを考える

5.朝昼晩、必ず食事をとること コンビニのおにぎりで充分だ。

6.支払うことの使命感はとっとと捨てる。MUSTは捨てる!WILLを増やす

7.人生は平等ではない、その不条理を今、打ち破れ

8.親父が作った会社だろうが、あなたが一代で築きあげた会社だろうが、そこでその事業で飯食ってきた、
今まで飯食えた分、カネがない時くらい頭を下げよう。 頭下げるのに金はとられない

9.税金と社保を舐めるな! 分納可能だが日本国に対して差し出した支払誓約書の怖さは
差押を食らって初めて知ることになる。 計画的な資金繰りを始めよう。

10.本物の中小企業の社長になれ!今更、一部上場はできないし売上高を倍にするなどは夢のまた夢。
だったら会社が下降線をたどり始めても生きていけるように、資金繰りに強い会社を作りましょう。
会社の経営は船の航海と同じ。 優秀な船長と船員と最新鋭の船で航海したって転覆するときは転覆する。

本当に必要なのは3か月先の大津波を察知できる羅針盤(資金繰りの徹底)だ!





今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。

 いよいよ西日本も梅雨明けとなり、大惨事となっている地域の皆さんに弱り目に祟り目となった。


私を含んで関東の人間kら見れば対岸の火事である。本当に無力だ。 

3.11の被災者の方で、我々が大変なときに多くの関西の方々が助けて下さったと新聞記事で拝見した。

阪神で大惨事があって、3.11があって、熊本地震があって各種大雨の被害で、
今度はいよいよ東京の番だと考えてもおかしくはない。
この西日本の災害で、実際に被害にあわれた方のコメントを現地のリポーターが読み上げていた。

「骨折れずにがんばろうと思うが、さすがに今回は骨が折れました。」 

こういう時に諦めずにがんばってくださいと言う言葉は届かないと 持論


次はだれかの番、今回はたまたま我々の番だと念じるしかない。

いずれは私が住む千葉市だって大災害となろう。
それにしても阪神大震災や3.11並みの避難者がいることに驚くばかりです。

 一日でも早く物流の復活を願うばかりです。

この土曜日に叔母の紹介で小田原の会社さんと新規面談を行った。

資金繰りの悪化が自分の責任であると攻める社長さんに、下を俯いたままの経理担当の奥様。 


気持ちだけでいいです。 それよりも早く金融機関対策と税金対策、

何よりも急がねばならないのは日々の資金繰り対応です。

しばらくは千葉から小田原までの行き来が必須だが、

売上が下がっている訳ではないので大丈夫だろう。

助成金も利用して設備投資の足しにすることも必須。

未払金や買掛金や返済を期限内に実行することは必要なことです。

誰だって期限内に支払ってすっきりしたい。しかしながらそれを払うと次の入金までの一カ月が回らなくなる時って

中小企業だとよくあるのです。

この辺のバランスを保つ作業が日々の資金繰り。

いたずらに支払を遅らせるのではなくて、すべて社長さんの方から事前に連絡を入れて誠意を持って了解を得る。 


これが大事です。



ここへ来て私が秋葉原でやっている会社の支援先は非常に景気が悪く、

今までで一番といってもおかしくない。業種問わずだ。

中小企業はいつだって資金繰り難が背中合わせだ。背中合わせだからこそ、

背中のモンスターが叫び始めた時に動いたのでは遅いのです。

叫び始めるかなあ?と三か月前に気づいてあげる事、これが資金繰りのヒントです。

小田原の会社さんは自社工場や社員寮、社長さんの自宅など複数の不動産を所有する企業です。

やり方間違えれば全て吹っ飛びます。事業再生をお願いするコンサルタント会社を間違えれば不動産だけ売られて終わりです。

本当に不動産を売却しなければならないタイミングなのかをまず見極める。

事業で使用している工場は仮に所有者を変えて借りるとしたら月の賃料は想定いくらか

社員さんたちに自力でアパートなどを借りる資力があるか。会社負担賃料はどこまで伸ばせるか

金融機関はどこまで協力的か。



忙しく暑い、小田原での夏になりそうだ

 

今日はこの辺で  代表取締役 野呂一哉


ブログの内容に共感できた方は人気ブログランキングへ一票を!
 経営コンサルタント・経営コンサルティングの検索・経営相談ならコンサルBank
バナーFACE.jpg ja_follow_me-a.png
「経営相談、資金調達、資金繰り相談、倒産回避の相談」は
弊社、(株)アセットアシストコンサルタントまでご連絡下さい。
アセットアシストコンサルタント
アセットアシストコンサルタント

アイテム

  • CIMG0958.JPG
  • 723EBFE9-9E6E-4AFB-AAF1-CD676ACBB418.jpeg
  • IMG_5747.JPG
  • 843410F4-9288-4184-8B9D-BE7C25CE9AC2.jpeg
  • ED1B29B1-8F99-40D4-805C-5DB7E99C5A0E.jpeg
  • 72B6FDA6-CF2E-421A-B501-28C5B24AF214.jpeg
  • 0FC96D97-63BF-4644-B897-4F4D0A1B9A04.jpeg
  • 7A4C544D-99C4-4E16-BDD4-E29B600448D8.jpeg
  • IMG_5013.jpg
  • IMG_5019.jpg

タグクラウド